01 デリヘルは悪徳店の詐欺に注意

 デリヘル遊びをする場合には、悪徳店に気をつける必要があります。
デリヘルの場合には、特に悪徳店が多いからです。

風俗店も、以前は多くの悪徳店がありました。
「ボッタクリ」の店など、少なくなかったものです。

でも風営法の規制が厳しくなり、取り締まりの甲斐があって、今では店舗型風俗店の悪徳店は、「ほとんどない」とまで言われるようになっています。

ただデリヘルはデリバリー型となります。

女の子とお客さんが何をしているのか把握するのがむずかしく、その分、悪徳店の摘発も進んでいないのが現状です。

悪徳店は詐欺行為を行うことも少なくありません。
女の子が「本番」を持ちかけ、実際に挿入してしまうと慰謝料を請求するというのが代表的な詐欺行為です。

その他、「未成年と性交渉を行った」と称して、警察や弁護士を騙って連絡をしてくることもあります。

さらには女の子と店外でデートし、性交渉を行って、「妊娠した」と称して中絶料を請求するというものもあります。

このような詐欺行為は、悪徳店に特有のものです。
デリヘル店のほとんどを占める優良店には、そのような行為はありません。

一部の悪徳店のためにデリヘル全体のイメージが悪くなるのは残念なことです。

でもお客の側としては、自衛のため、悪徳店に引っかからないよう、気をつける必要があります。

デリヘル詐欺まとめ

悪徳店の見分け方は?

 悪徳店を見分けるには、いくつかの方法があります。
以下を参考にし、悪徳店を避けるよう、心がけてください。

◎客引きを行う

客引きは、現在ほとんどの場所で禁止されています。
禁止行為を平気で行うのは悪徳店に間違いがありませんので、客引きについて行ってはいけません。

郵便ポストにチラシを宅配する

郵便ポストへのデリヘルちらし宅配も、現在は原則禁止です。
チラシを宅配している業者は悪徳店と見てまちがいありません。

◎ホームページがないか、きちんと更新されていない

現在デリヘル店の主要な集客ツールは、ネットのホームページです。
これがないか、またはきちんと更新されていないのは、悪徳点の可能性が高いです。

デリヘル店を探す際に一番まちがいがないのは、「ホームページを検索する」ことです。
ホームページがきちんと更新されているデリヘル店は、まず優良店と考えてまちがいありません。

01 デリヘルは悪徳店の詐欺に注意

02 デリヘル嬢が「本番」を持ちかけてきたら要注意!

03 「未成年と性交渉した」と言いがかりを付けられることがあるので注意

04 デリヘル嬢と外で会う場合には「妊娠詐欺」に注意

05 「高級デリヘル」のはずが普通のデリヘル店の女の子が来ることも・・・

06 キャッチで本番3Pと言われて・・ボッタクリ

07 デリヘル嬢が組長の娘で妊娠したとか、という振り込め詐欺

08 デリヘルサイトの女の子の写真が全然違う!

09 前払いで払ったけど、ホテルに女が来ない!

10 財布から金を抜かれた

11 個人情報を抜かれて職場にいやがらせ電話がきた

12 本番をしたな!と恐喝された



おすすめリンク

安心して利用できる東京の高級デリヘル店